猫カフェとは?



猫カフェ(猫喫茶)とは何でしょうか?


猫カフェ(ねこカフェ)、猫喫茶(ねこきっさ)とは、室内に猫を放し飼いにし、猫とふれあう時間を提供する業態の喫茶店である。



猫カフェ(猫喫茶)の概要

飲食店の一種であるが、猫と同じ空間でくつろげ、猫に癒されることを主な目的とする。殺処分される予定の猫を保護し、里親を見つける活動を行う場合もある。一般的には、通常のカフェに数匹の猫が放し飼いにされており、利用者はそこで飲食したり猫とふれあって時間を過ごす。猫との接触が可能な場所と飲食スペースが分離されている店舗もある。

台湾・台北市で1998年に開店した「猫花園」が世界初の猫カフェとされ、日本では2004年に開店した大阪市北区の「猫の時間」が最初であるとされる。


営業形態


営業時間

営業時間は昼前から24時頃まで、あるいは店舗によっては24時間営業。定休日は、猫の定期健康診断などに充てられることが多い。猫のストレスを少なくするため、猫ごとに休息日を設け、丸一日客とは完全に隔離して過ごさせることもある。

利用時

猫の扱いについて注意すべきことがあり、初めての利用の場合は、店員の説明を受ける必要がある。

日本では時間制の料金が課金されている店が多く、台湾では「最低消費額」という、店にいる間は一定の金額を飲食することという規則を設けている店が多い。日本ではソフトドリンクサービスのみの店が多く、台湾では食事や酒類を提供する店もある。

先に注文と、必要であればコースの指定を行い、あとは時間の許す限り自由に猫と触れ合うことができる。猫に餌をあげたり、猫じゃらし等のおもちゃで遊ぶことのできる店舗もある。

利用者層

利用者は老若男女様々である。都市部や集合住宅などでペットを飼えないため猫カフェにやってくるという客もいる。

猫カフェの経営と問題

猫カフェの営業形態は動物の「展示」に当たるため、動物の愛護及び管理に関する法律に基づく動物取扱業の登録が必要である。飲食店と動物の展示(飼育を含む)という衛生面では相反する業態を複合させたものであり、所轄の保健所とよく相談し、指導を仰ぐ必要がある。

猫カフェの経営は、飲食店としてはメニューの簡易化などによって通常の店舗よりランニングコストは低く抑えることができる反面、閉店時や定休日であっても猫の健康管理をするスタッフが必要となる。

多くの店舗では、その店舗のマスコット的な猫をブログや動画投稿サイトに投稿するなどのアイドルさながらの売り込みを行っている。一方、あえて血統の良い猫を置かず、捨て猫や雑種を中心に配置し里親を見つけながら経営を行う店舗も存在する。



以上wiki

  • 最終更新:2010-09-15 02:52:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード